ネトゲ懐古厨はLOST ARKがやりたい

どうも、ななつ うみです。

ネトゲから家ゲーに回帰し、ドラゴンズドグマオンラインにソロ復帰してリハビリ中の私。
最近は節電中のためプレイできてませんが・・・。

じつは「これが正式サービスになったらまたネトゲ用のPCを買うかもしれない」
思っているネトゲが一つあります。

それが今回紹介する『LOST ARK』というゲームです。
公式→https://lostark.game.onstove.com/Main

韓国のSmileGate社が開発しているゲームで、開発の発表が2014年11月。
昔懐かしい俯瞰視点のハクスラゲーです。
以下、私がこのゲームを楽しみにしているポイントを紹介していきます。

情報を集めるにあたって、こちらの『オンラインゲーム PLANET』さんのページが詳しかったので、興味を持った方は
https://onlinegame-pla.net/lostark/
で詳細をみてみるといいかもしれません(勝手に丸投げ)。

あと、Final CBTに参加できた(その時点ですごい希少と思う)方の記事がすごく臨場感があって楽しそうなのと、動画もとっておられるようなのでそっとご紹介しておきます。
何かあったらリンク消します・・・ →『晴れ時々煽り』さん

思い出補正の俯瞰視点で、楽しかったあの頃に帰りたい

こちらのトレイラーを見ても分かる通り、俯瞰視点のハクスラゲーということで、ネトゲ
黎明期に2Dの小さなキャラクターをマウスでちょこちょこ動かしていた頃から3DMMOへと変遷していった頃を彷彿とさせる画面で、10年来のネトゲプレイヤーとしてはホッとする懐かしさを感じます。

いまも交流のある数少ないネトゲのフレンドも、初めてやったネトゲで知り合った人ですし。
この動画をみてるだけでもそんな昔を思い出して、なんだか楽しそうな気がしてきます。

視点は2Dライクとはいえ、キャラクターの動きや敵出現の演出などはちゃんと今の時代に
合わせて描写は細かく、戦闘時の演出やギミックのクオリティーは充分高い印象です。

面白そうな職とコンテンツ色々

公式のクラス紹介を見る限りでは装備は相変わらずゴチャゴチャしているものの、なんとなく全体的な配色は落ち着いた色合いが基調となっていて、ファンタジーの割にはシックな印象。ちょっと今までの韓国ネトゲの雰囲気と違うなぁと思います。なんかスッキリしてるんですよね。なんともいえないんだけども。

基本職はウォーリア、ファイター、デビルハンター、マジシャンで、ここからさらに上位職へと転職していくことになるようです。

このときのG-starでのトレイラーが一番このゲームのクラスやコンテンツの説明がつめこまれているので、どういう雰囲気かつかみやすいと思います。

私が最初に職業紹介で面白そうだと思ったのが、マジシャンから派生する上位職である
『アルカナ』という職。

手持ちのカードを使って様々な攻撃を行うというもので、黒い砂漠にも似たような
キャラがいたような気がしますが、なかなか面白くてやってみたいなーと思っています。

ただまぁ、私が第一印象で「やりたい!!」と思う職って結構ニッチでいらない子される
率高いんだよな。。。ロマン職にならないといいですが。。。

あとはごっつい篭手でボカスカ殴る「ファイター系」の職も面白そう。

なんせ基本近接大好きな私。とくにこういう格闘家っぽいのは大好物!
ブレイド&ソウルをやっていた時も拳士で遊んでいました(その頃もやっぱりソロだった)。
ファイターからの派生でには一撃が重いインファイターもあるようですが、私は手数が多くて素早いキャラが好きなのでバトルマスターがいいかなぁ~。かめはめ波かなんかが打てる気功士も結構人気みたいです。

それからやはり名前的に気になる存在なのが『デビルハンター』ですよ。
二丁拳銃だし。ほかの銃火器も操りますけど。これでデビルハンターてアンタ!

なんとなくですけど、韓国産ネトゲの二丁拳銃職って昔だとCABALオンラインもありましたが、デビルメイクライの影響を感じるんですよね。っていっても私が勝手にそう思っている
からかもしれませんけども。

CABALオンラインはガンナーの技にデビルメイクライっぽい技があったり、コンボを
つなげてスキルの威力をあげるとか、ゲームの名称にスタイリッシュなんとかアクション
みたいな名前もついてたし(たしか)、あっちの人たちデビル好き多いのかな。

このほかにも回復系やメイジ系もちゃんと揃っていますので、支援や魔法好きな人も安心。
面白そうな職がいっぱいなので、いろいろ動画やサイトを調べて今からやりたい職を考える
のが楽しそう(プレイする前提で語る)。

自分の船がもてる!航海システムが面白そう

次に私が面白そう~~!とテンションがあがったのが航海システムです。
なかなかこういうシステムを組み込んでくるネトゲってありませんでしたし、自分の船が
持てるなんて胸熱ですよ!!

しかも船もいろんな種類があって、先ほどのトレイラーにも映ってましたが、ボロボロの幽霊船みたいなものもあるみたいです。面白い!

また海が昔の2Dゲーみたいな平面ぽくて懐かしい!!(おい)

陸だけでなく、大海原も冒険できちゃうなんて!ひたすら海にお船を浮かべてぼーっとして終わりそうだな私・・・。

ここで2回目の?CBTのトレイラーを貼っておきます。航海のシーンも入っていて本当に楽しそう。いいなぁいいなぁ~~。

生活系も懐かしい&クオリティ高い!

G-starのトレイラーを見たときの生活系システムも、楽しかった頃のゲームを思い出して
「うわ懐かしい・・・!」となってしまったのですが。

『狩猟』とか『考古学』とか、『生活機器』だとかいう種類がいろいろあるようです。生活系の種類も結構多いし、このゲーム内世界の謎に迫る職もあるというので、航海システム同様、ロマンあふれる胸熱なシステムになっていると思います。

フィールドで狩るばかりではなく、この世界を『生きて、冒険する』という雰囲気がゲームシステムから漂ってくるのが私としては好印象です。すごくワクワクする!!

カードゲームやお酒の飲み比べなど、プレイヤー同士で勝負できるミニゲームもあって、そういうゲーム内での生活感があるのが楽しそうなんですよね。

このゲームの世界でなら、人と交流しようかなと思える

2014年に開発が始まり、今年2018年11月7日にやっと韓国でのOBTが始まるそうなので、日本に来るのは・・・2年とか・・・いやもう来ないかもしれないけど・・・。
4Gamerの記事を貼っときます。各クラスのイラストもあるので要チェック→記事

はじめてG-starのトレイラーを見た時からすごく期待していて、ネトゲの人間関係につかれていままで使っていたネトゲ用のPCを全部処分しようと思い立った時も、心の底には『LOST ARK来るかもしれないけどなぁ・・・』っていう気持ちがくすぶっていました。

初出からあまりにも音沙汰がなく、もう開発も立ち消えたかと思ってしばらく情報も追いかけていなかったんですが、OBTにこぎつけていて本当によかったです!

日本に来るか来ないかはともかく、ざっとゲームの概要をみるだけでも個人的にワクワクできる要素が沢山あって、「これは腰を落ち着けてじっくり遊びたいな」と思えるゲームです。

ただネトゲとなるとやっぱりそれなりのスペックを要求してくるので、またゲーミングPCを
買うのかと思うと悩むところはあります。いま動画を見返してもこの描写といい敵の数といい、結構処理大変そう・・・ちなみに必要スペックは、オンラインゲームPLANETさんの記事では以下のようになっていました。

<必須環境>
OS      win7 SP1以降 64bitのみ
CPU    Intel i3
メモリ  4GB以上
GPU   Nvidia GTX460以上
            Flash player13以上
<推奨環境>
CPU   Intel i5以上
メモリ  8GB以上
GPU   Nvidia GTX660以上

これもまた去年のCBTのころのものだそうなので、正式サービスのころには要求スペックが上がっているかもしれないですよね。もう最近GPUの型番なんかも全然しらべてないんだけども、GTX660てどのくらいなんだろう?

いっそこういうネトゲもすべからくPS4やXBOXなんかのコンシューマー機でもプレイ
できるようにしてくれないものか・・・。

でも本当にこのゲームは、一度は離れたPCゲームに回帰させようとする魅力があるので、
日本での展開がはっきりした時には新しいPCを検討している私がいるかもしれません。

なるべく値段おさえたいなぁ・・・。うーん。